児童の養成が垣間見えた、年令

今年の年令は嬉しい出来事がありました。

就労から戻り、宅配を通してきたもとを冷蔵庫に入れようってドアを開けると、中にデザートが2つ。

これはおおかた、上の子ども(高校)から僕への年令キャンペーンか?と思い、自らからチャットに見つかるまでは気づかないふりをしようと思っていた要素、下の子ども(中学校)から、「ロールケーキは己からだよ」という。

細かく聞くと、私のキャンペーンにパフェを買ってきた上の子どもから「今日は母ちゃんの年令だけれど、何か買ったか?」というそうです。

少しケチな下の子どもは「買わないと母ちゃんに怒られるし…」と自らなりに気持ちを遣いながら買ってきてくれたとの事。

キャンペーンを買ってきてくれた面よりも、その方法が喜ばしくて、ありがたくて。

無気力、無関心な上の子どもが僕に気持ちを遣い、弟にまで声を掛ける部分なんて普段ないので、その用事にビックリ。

下の子どもに対しても、母ちゃんに怒られるから…は余計だけれど、僕や兄への配慮を出来る様になったなんて、一体全体嬉しく、驚嘆毎日でした。

カテゴリー 未分類

コメント

コメントを受け付けておりません。